FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトペロペロ  »  おいおいお前ら、輪ゴムの色くらいで喧嘩するなよー。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、今年もやってきましたね。あの日が。
2月14日ですよ。もう、おなじみになりましたよね。
この一日を、大切な人と過ごしたいと思っているカップルの皆さんも多いのではないでしょうか。

そうです、2月14日は、煮干しの日です。
嘘だと思う方は、ウィキペディアの2月14日の項を見てみましょう。
全国煮干し協会が1994年に2(に)1(ぼ=棒)4(し)の語呂合わせで制定したものだそうです。
もうひとつ、日本ふんどし協会が2011年に制定した、ふんどしの日、なんてものもあります。
こっちは、2(ふん)14(どし)の語呂合わせだそうです。
ちょっとそれは無理があるんじゃないかな?なんて思う方もいそうですが、そんなこと言ったら語呂合わせをしてまで記念日を作るほどのものなのか?なんて失礼な疑問も浮かんできちゃいますので、やめておきましょう。

冗談はここまでにして、バレンタインですね。
そう言えば、バレンタインでした。
言われてみれば、バレンタインなんてイベントもあったような気がします。
毎年、2月14日にはふんどし一丁になりながら山もりの煮干しにかじりつくのが我が家の定番だったので、今までバレンタインというイベントに触れることがあまりなかったように思えます。
今、「それはお前がモテないだけだろ」と言った人、怒らないので後で職員室に来てください。

正直、僕としては2月14日にバレンタインの話題を出した時点で、負けだと思うんです。
現時点で全国の婦女子の皆さまからチョコレートを貰える見込みが一つも無いので、正直なところバレンタインという単語すら、書き込みたくないし、耳にしたくないんです。
そりゃー、彼女がいたり女友達がいたりする全国のリアルが充実してる方々にとっては、一年に一度の恋人の祭典、なんていってバカ騒ぎしたり胸をときめかせたりもできるでしょうけども、僕はその点彼女はもちろん女友達もいないし、日中に外に出ることすらままならない状態のひきこもり系男子なのでね。
わざわざ石川の片田舎まで僕のために足を運んでくれる女性なんて、僕のカーチャン以外にいないでしょうから、「もしかしたら俺にも…」なんて淡い希望を抱くことすら僕には許されていないわけなのですよ。

だから僕、考えました。中卒の腐りきった脳をフル活用して、考えました。
童貞及び対人恐怖症、しかもひきこもりの僕がバレンタイン気分を味わうにはどうすれば。
そこで、考えに考えた結果、ある作戦を実行するに至った次第である。
親愛なる童貞諸君。
今からでも間に合う。すぐさま、最寄りのコンビニに走り、チョコレートを買いに行くのです。
お金が無い方は、20円で売ってるチロルチョコで良いです。今すぐ買いに行きましょう。
自分へのご褒美ってヤツです。でも、できれば一番安くて小さなチョコを買いましょう。お金があっても、チロルチョコを買いましょう。
買ったチョコをなるべく包装が破れないよう、丁寧に開けましょう。
そして、その包装紙になるべく女の子っぽい字で「好きです」と書きましょう。
「好きです」と書いた紙をチロルチョコに包み直したら、準備オウケイ。
すぐさま、ベッドやトイレ、自分の部屋などのプライベートなスペースに移動し、妄想を開始しましょう。



僕「ねえ、女さん!今日バレンタインだからさ…あの…チョコとか欲しいなー、なんて…」
女「はぁ?何でアンタなんかにチョコなんてあげなきゃいけないの?ちょー気持ち悪いんですけど」
僕「そんな…で、でもそのハート形のチョコは誰に渡すつもりなの?」
女「いやいやいや。これはお前のじゃないから。クラスのアイドルのイケメン君に渡すつもりのだから。…もしかして自分が貰えるとでも思った?」
僕「…っ。そ、そうだよね。あいつはかっこいいし、勉強もできるし…。俺とは大違いだよね…」
女「そ。分かったら、この義理チョコあげるからどっか行ってよ。はーマジキモい」
僕「わ、分かった…また明日」
女「あっ!イケメン君だ!おーい!」
僕「…」

僕「はあ…振られちゃったよ…まあ分かってたけど」
僕「でも、あんなはっきり言わなくてもいいのになあ…」
幼馴染「よっ。どうしたのこてつ君」
僕「何だ幼馴染か…」
幼馴染「何だとは失礼な―。それより、なんか元気無いけどどうしたの?」
僕「ああ…女さんに振られちゃったんだよね…チョコ欲しいって言ったらキモいとか言われるし…完全に嫌われてるよ俺…」
幼馴染「えっ…。こ、こてつ君って女さんのこと好きだったの?」
僕「いや、まあ…女さん可愛いし料理も上手いし…でもあんなに口悪い人だと思わなかったよ」
幼馴染「そ、そうだよね。いきなりキモいとか言う人、こてつ君はキライだよねっそうだよねっ」
僕「お、おう…そうだけど、なんでそんな必死になってんの?」
幼馴染「えっ?い、いや別に私はこてつ君が女さんと付き合ったりしなくて良かったなんて、全然思ってないよ?」
僕「どういう意味だよそれー」
幼馴染「べ、別になんでもないよ…///」
僕「変なヤツだなー」

幼馴染「そ、そうだ。今日バレンタインだから…はいっ。チョコレートあげるっ」
僕「ホントに!?…ってお前も義理チョコかよ…」
幼馴染「あ、当たり前じゃん。そんな…私は別にこてつ君のこと何とも思ってないしっ」
僕「まあチロルチョコおいしいからいいけど」
幼馴染「あっ、今は食べないで、家帰ってから開けてね?」
僕「えーなんで?今食べてもいいじゃんか」
幼馴染「と、とにかくダメなの!いいから今は開けないで?」
僕「分かったよ…」

僕「はー…。家に帰ってきたはいいものの…。結局貰えたのは二つだけかー…」
僕「しかも二つとも義理だし…」
僕「…そういえば、幼馴染が家で開けて、って言ってたのは何だったんだろ」
僕「まさか毒でも入ってんじゃないだろうな…しょうがない、怖いけど開けてみるか」
僕「ん…なんか包装紙に文字が書いてある…なんだろ」

「好きです」

えんだあああああああああああああいやあああああああああああ




こういう妄想、どうでしょう。

まとめ!
女さんに蔑まれたことを思いだしながら果てるのも、また乙なもの。
スポンサーサイト
NEXT Entry
りんごが別に冬に採れた旬のヤツでもそんなにおいしくないのに果物の代表的な存在として扱われてるのは、しりとりの最初を「り」から始めるシステムが一般的になったことが大きな要因になっていると思う。
NEW Topics
リップクリームとスティックのり間違えて舐めてたあの頃。
1日3回食後なるべく40分以内に服用してください。
風邪の時はポカリでドッジする時はアクエリみたいなの、絶対ある。
たまに実が詰まりすぎて皮剥くのに5分くらいかかるパツンパツンのみかんあるけど、めちゃくちゃ甘いかめちゃくちゃ酸っぱいかのどっちかだよね。
今思い返すと、スイカ割りをまともにしたことが無いです。
Comment
643
バレンタインなんて、なくなればいいのに

こてつさん・・それはもう、たまんないっすね
幼馴染のも、たまんないし
女の罵倒も、たまんないし

644
僕は本当に世間に疎く、そのようなB-DAYがある事すら把握していませんでした。
従って、今回言及したい部分を適当に挙げさせて頂きます。
"俺と一緒にいる時は見せない顔を見せる"というこの言葉は本当に胸にグサリときますね。

まず女さんの冷たく辛い口調ですが、実は女さんは百合で、日頃から幼馴染さんのことを想っています。
いつか幼馴染の頬に触れたい、肌を擦りあわせたいという肉体的欲求から、いつも欲しそうにしている服を買ってあげたいとか、そういう母性的な欲求まで、彼女は叶えてあげたいと思うのです。
料理がうまいのも、いつか自分の作った料理を幼馴染さんに振る舞いたいという一心で練習した時の賜物であることが推察できます。
そういう面を総合すると、女さんは普通に可愛らしい百合少女であることがお分かり頂けると思います。
ですが、幼馴染さんとこてつさんがいつも一緒にいることに嫉妬しています。ですが、その時の幼馴染さんの笑顔は女さんと一緒に居る時のそれとはまったく違い、女さんは深い絶望に包まれます。
ですが、心優しい女さんはそんな幼馴染さんを応援することを決意し、うまくことが運べるように手段を尽くします。
自分の美に磨きをかけて、それこそこてつさんを誘惑した後、盛大に振って幼馴染さんに場面を渡すという作戦です。
つまりあの態度はこてつさんに自分を諦めさせること、それから幼馴染さんに引導を渡すための言動だったということです。
そして最後に渡した義理チョコは、何の変哲のチョコと幼馴染さんのチョコを比べる為の物です。
いくら義理とはいえ、好きだった子からもらったチョコですから、そうそう無下には扱えません。
ですから、そういう未練を断ち切って幼馴染さんと仲良くしなさいというお告げなのではないでしょうか。
長々と失礼しました。妄想が加速してしまったもので。でももう、散々こてつさんのコメント欄を長文レイプしてきたし、いいよね?

>>僕「変なヤツだなー」
死ぬほど笑った。

645
あぁ~最初で最後の小6のときに
もらったチョコマフィン?食っときゃよかったな・・・

「素人の作った奴だし、んなもん食えねえよ」つって
母ちゃんにやらなきゃよかった


646
>ふーこマン
いやいや、あなたはどっちかっていうとリアルが充実してる方の方々じゃないですかーしらばっくれてんじゃねえぞこの野郎。
そんなこと言ってどうせ、貰っちゃったりするんでしょ?チョコ。

でも、こんなクソみたいな妄想にいちいちたまんなくなってたら、貰えるチョコも貰えないってもんですよ。
バレンタインはどうせ無くならないんですから、今のうちにせいぜい女の子のご機嫌取りに躍起になればいいじゃないですかこんちきしょー。
お前には分かるか…義理チョコすら貰えない男の気持ちがっ!

647
>Veniさん
うん、そういう見方も凄くアリだと思います。むしろ、そっちをメインにした物語を書いた方が需要があるんじゃないでしょうか。
可愛い女の子が嫉妬する姿は可愛いですよね。相手が女の子だったりすると、より「叶わない恋」的な切なさがあって好きです。

度を過ぎた愛情は悲劇を呼ぶことになりがちですが、自分から一歩身を引いて、僕と幼馴染ちゃんの恋の発展を応援することに精一杯努力する女さんは凄く素敵だと思います。
幼馴染ちゃんに対する、並々ならぬ愛が無いとできないことだと思います。素晴らしい純愛です。

これだけ女さんに対して考察してくれる人がいる以上、女さんが百合なのか否かは、はっきりとは言いません。
僕のクソみたいな妄想でいいなら、いくらでも各々の脳内で話を広げていってもらって構わないです。むしろ光栄です。
ちなみに、女さんのキャラが、普通のチョコと幼馴染ちゃんが細工をしたチョコを見比べるための役であることは間違いないです。
物語の引き立て役とでも言うのでしょうか。

あと、ホントは僕が女さんのチョコを見て、女さんに罵倒されたことを思いだしながら一人自慰に耽る場面も書いていたんですが、余りにも描写がリアルで気持ち悪かったのでやめました。
最後に、貰ったチロルチョコに精子をぶっかける辺り、チロルチョコの販売元から苦情が来てもおかしくないのでやめました。
女さんの気持ち、完全無視じゃないですか、僕。

僕が「変なヤツだなー」と言っているだけで死ぬほど笑えるなんて幸せですね。毎日が楽しそうです。
妄想の中での僕と、普段の僕とのギャップに笑いを堪え切れない、といった感じでしょうか。
ハーレム系のアニメでよくある、ヒロインの気持ちに気付かない鈍感な主人公を演じたつもりです。
どうぞ、思う存分笑ってやってください。

648
>クジラ家コバルト師匠
小六の時って、誰でもそういうお年頃だと思います。
一番、異性に対して純粋で敏感な頃だと思います。
とりあえず、目の前におっぱいがあればエロく感じてた頃だと思います。洋画のキスシーンとかで、これでもかってくらい頬を赤く染めてた時代だと思います。

自分の気持ちに素直になれなくて後悔することっていっぱいありますよね。
その時期って、そういうエピソードが特に多いなと感じます。
だから、全然気にすることは無いと思いますよ。全然。
みんな経験することです。そうやって、少しずつ大人になっていくんです。
僕は、そのことに関してありえないくらい嫉妬しますけど、全然気にしなくても良いと思いますよ。
僕はホントに冗談じゃ無く一回もチョコとか貰ったことないからすげえ嫉妬しますけど、気にしないでくださいね。(子供)

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
今まで来てくれた人の数。
僕のこと。

こてつ  

Author:こてつ  
ポリエステル100%の妹が二人います。

別に僕は順位とか気にしてない。
[ジャンルランキング]
日記
71536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
574位
アクセスランキングを見る>>
便利かもしれない。
結婚を前提にお付き合いしてくれる方だけ。
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。