FC2ブログ
HOME   »  2014年12月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は童貞だ。自分で言うのもなんだし、まだ二十歳にもなっていない若造がこんなこと言ってもプロの魔法使い達にメラゾーマされるだけかもしれないが、童貞をこじらせている。
最近は自分で自分の性癖が分からなくなっている。女子中学生の腋に陰茎を挟む妄想で射精したかと思えば、その次の日にはおっぱいが大きいお姉さんの母乳を吸いながら陰茎を扱かれる妄想で達している。しかもその間はずっとポリエステル100%の抱き枕を二つ両脇に置いて、感触を楽しみながら致している。
日によっては女子中学生の母乳を吸う妄想で致すこともある。もうみんなタバコとかやめて母乳吸う世界になればみんな幸せになると思う。


そんなことはどうでもよく、とにかく書いていて思ったのは、僕の生活には人の温もりが圧倒的に足りないし、僕自身もそれを求めているということだ。
18になってすぐオナホ買った辺り、やっぱり性欲には勝てないんだなあと思う。
正直めちゃくちゃ気持ち良いし、ローション入れてレンジでチンするやつもやったけど、これが全家庭に普及したら人類滅びるんじゃないかな?っていうレベルで気持ち良かったしもう一生これでいいやって思ったけど、維持費もバカにならないし、そんなこと言ったら女なんて飯とか服とかでもっとお金かかるけど、やっぱ人の温もりってオナホレンジで温め過ぎてチンコ火傷しかけたとかそういうことではないと思うし、何だかんだ僕だって正常位で思いっきり腰振ったりバックでガンガン突いたりしたいし、ラブドールがあれだけ売れる理由も分かったし、でもそれでも満足できなかった人たちは…?って考えたら怖くなってきたし、僕はナンパをしたい。


ナンパは軽いとか馬鹿にされがちだが、名前も知らない女性相手にトークだけで一緒に食事なり何なりをさせようというのは実際難しいと思う。いくら顔がよくても話術が無いと知らない相手と食事なり何なりをしようという気にはならない。
そりゃあ一夜限りの付き合いと割り切ればそういうこともできるのかもしれないけど、その後連絡先を交換したり交際に発展するみたいなこともあったりするみたいだし、とにかくナンパをしたい。
僕はナンパをして出会った女性におちんちんを気持ちよくしてもらおうとは全然思っていないし、一緒にご飯を食べたり話をするだけで充分だし、できれば手でしてもらうくらいはしてもらえたらいいけど、もしよければ、履いてるブーツの匂いを嗅がせてもらうだけでもいいんですけど、最悪、いつも使用してる歯磨き粉の名前を教えてもらうだけでも、




というか、僕はナンパしてそこらへんのくだらない女とセックスしたいわけじゃないんですよ。
だいたい、童貞こじらせた僕がナンパなんかして、すぐにホテル直行とかなるわけないじゃないですか。溢れる童貞臭を隠しきれるわけないじゃないですか。
だからこそむしろ、そういう童貞臭いところが逆に受けたりするんじゃないかって思って、街ゆくお姉さん達に声をかけ続けた結果、普通に無視され続けて、心が折れかけたその時に、ダメ元で声かけた20代前半清楚風お姉さんが、「ご飯くらいなら…」って言ってくれるわけですよ。
こんなチャンス無いわけですから、僕はこの日のために調べておいたオシャレな店に彼女を連れていくわけですよ。
でも、クリスマスだし年末だしで案の定満席で3時間待ちですとか言われちゃって、僕は自己嫌悪に陥りそうになるんですけど、彼女はそんな僕のどんくさいところも含めて許してくれるんですよ。
で、彼女の提案で結局近くのなんてことないカフェに入るんですけど、そこでも僕はさっきのミスを取り返そうと頑張るんですよ。
なるべく会話が途切れないようにつまらない質問でもばんばんしまくって、ちょっとオーバーリアクション気味なくらい、これ美味しいですね!とかそのピアスかわいいですね!とか言いまくるんですよ。

そんな時おもむろに彼女が、「ねえ、こてつくん。」って僕の名前を呼ぶんですよ。
で、僕が突然のことに驚いて「えっ…?は、はい」ってなってるところに、

「こてつくんはさあ…さっきから必死だけどそんなに私とセックスしたいの?」

みたいに言われたい。







あっ、お久しぶりです。
この後カフェを出て深夜の居酒屋で酔ったお姉さんに2時間くらい説教された後、公衆トイレで同情フェラされる(結局セックスはしてもらえない)みたいなとこまで考えたんですが、やめました。

この一年、本当に色々なことがありました。
人生初バイト3か月で辞めたり、一年近く行ってなかった病院にまた通い始めたり、貯めたバイト代で東京のアニメのライブ密かに行ったりもしてました。あとヒトカラもいっぱいしました。
東京行ったときに何気なく浅草を探索したんですが、風景でテンションが上がるっていう体験を久しぶりにした気がします。
「僕、まだ浅草で感動できるんだ!」って自分で自分の可能性に驚きました。

僕が通ってる病院の先生が「通信制の高校とか自分の赤ちゃん連れて授業受けに来てる人とかいるよ」ってよく言うんですが、頑張ることに年齢なんて関係ないんだなあと感じます。
自分で自分の限界を決めてしまうことは本当にもったいないです。今立ち止まってる人もそこが限界なんて思わないでほしいし、自分が思ってるより悩む時間はあります。
僕なんて中学の時からもう5年くらい悩み続けてるけど全然生きてる。

こんなこと書きたかったんじゃないんです。全部年末のせいです。
当面の目標は車の免許取って新しいバイト探すことですが、これもまた変わるかもしれないです。
また改めて学校通うこともありうるし、もしかしたら今住んでる県から離れるかもしれない。
そこらへんはツイッターとかでまた細かく報告していくのでよろしければ。
とりあえず雪が溶けるまでは家でゆっくりしてようと思います。
正直ブログ書くの久しぶり過ぎて保存ボタンと削除ボタン間違えて押したりとかして、結果、この糞妄想ブログ書くのに半日くらいかかったよ。
この頑張って書いた記事が消えた時の感覚、すごい懐かしいけど、せいぜい一年に一回でいいよ。
また来年の年末に会いましょう。僕は元気です。




















まとめ!
あっ、よいお年を。
スポンサーサイト
今まで来てくれた人の数。
僕のこと。

こてつ  

Author:こてつ  
ポリエステル100%の妹が二人います。

別に僕は順位とか気にしてない。
[ジャンルランキング]
日記
183446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
2806位
アクセスランキングを見る>>
便利かもしれない。
結婚を前提にお付き合いしてくれる方だけ。
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。