FC2ブログ
HOME   »  2011年08月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いや、違うんです。これはホントに、言い訳とかじゃなくて、ありのままのアレなんです。なんていうか、こう、今僕が幼女用のパンツを持ってることは、別に全然おかしいことではないと思うんですよ。幼女用のパンツを手に持ち、深夜の路地裏を歩いてたのは、全然普通っていうか、むしろ僕にとっては日常茶飯事っていうかなんですよ。」

「…はい、はい。あなたが言うことも分かりますよ。あなたがこのパンツの持ち主について知りたくなるの、すっごい分かりますもん。だって僕があなたの立場だったら、絶対…はい、すいません、っていうかすいません。もう話逸らさないです。僕はもう、あなたの前では一生、話を逸らさないと決めました。はい」

「えっと、だからあの、僕は別にストーカーとかの、そういう類のものじゃないんですよ。なんていうかそういう粘着質な、長期に亘ってのものじゃなくて、極めて突発的に、偶然通りかかった家族連れの中に、凄く可愛らしい女の子がいて、その子を見た途端なんですけどね、自分でもビックリするくらい、あの子のパンツ盗みてーなーって思ってね。いや、別に僕はロリコンとか、そういうのでも全然無いんですけどね。ホントに。ホントにロリコンでも何でもなくて、ましてやストーカーでも無いんですけど、その子の家、知りたいなって思って。」

「いや、全然矛盾はしてないです。僕は別に、その女の子に執着してるわけでも、その女の子に四六時中付きまとってるわけでもないですし、ただ、純粋にパンツ欲しいなって思って、行為に至っただけなんで、全然ストーカーでは無いです。結局そのあと家族連れを尾行して、この近くの一軒家に住んでるっていうことが発覚しましたけど、そこでも僕は、ただただパンツを盗むっていう、それだけしか考えてなかったんですよ。こう、やろうと思えば盗聴器とか監視カメラ仕掛けたりとかも出来そうなものなのに、ひたすら、パンツだけを持っていこうとする、僕の一途さをね。褒めてくれてもいいんじゃないかって思いますけどね。」

「だからこう…アレですよね。僕が何でパンツを盗んだかって、パンツを盗むまでに至ったかって、アレですよ?別に匂い嗅ぎたいとか、こすりつけたいとか、そういうんじゃないんですよ。次の日の夜、お風呂入った後に、いざ下着着けようと思ったら箪笥の中にお気に入りのパンツが無くて、『あれー?あっれー?』みたいになってるの想像して、ふううううんってなるんですよ。」

「うん、うん、分かった。君の言いたいことは十分に伝わった。だから、一緒に署まで行こうか。」

「いや、別に署まで行く必要はないと思いますけど、分かりました、許して下さい刑事さん。」

~fin~

いやー、それにしても。オーズ、終わりましたね。
少し駆け足気味だったのは否めないですけどね。でも良かった。凄く良かった。
来週からは新ライダー、フォーゼの活躍が見れるということで楽しみな部分もありますが、しかし寂しいですね。
あと、上の方に書いた文章はもう、気にしないでもらって大丈夫です。
思いっきり、~fin~みたいなことも書いちゃってるけど、全然気にしないでください。
もう、三行目のあたりから、自分で自分が嫌になり始めていたけど僕はここまでやり遂げたんです。
むしろ褒めて下さい。ペロペロしてください。
よし!また相互リンク減るぞ!
こてつでした。
スポンサーサイト
今まで来てくれた人の数。
僕のこと。

こてつ  

Author:こてつ  
ポリエステル100%の妹が二人います。

別に僕は順位とか気にしてない。
[ジャンルランキング]
日記
71536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
574位
アクセスランキングを見る>>
便利かもしれない。
結婚を前提にお付き合いしてくれる方だけ。
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。