FC2ブログ
HOME   »  ペロペロ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、今年もやってきましたね。あの日が。
2月14日ですよ。もう、おなじみになりましたよね。
この一日を、大切な人と過ごしたいと思っているカップルの皆さんも多いのではないでしょうか。

そうです、2月14日は、煮干しの日です。
嘘だと思う方は、ウィキペディアの2月14日の項を見てみましょう。
全国煮干し協会が1994年に2(に)1(ぼ=棒)4(し)の語呂合わせで制定したものだそうです。
もうひとつ、日本ふんどし協会が2011年に制定した、ふんどしの日、なんてものもあります。
こっちは、2(ふん)14(どし)の語呂合わせだそうです。
ちょっとそれは無理があるんじゃないかな?なんて思う方もいそうですが、そんなこと言ったら語呂合わせをしてまで記念日を作るほどのものなのか?なんて失礼な疑問も浮かんできちゃいますので、やめておきましょう。

冗談はここまでにして、バレンタインですね。
そう言えば、バレンタインでした。
言われてみれば、バレンタインなんてイベントもあったような気がします。
毎年、2月14日にはふんどし一丁になりながら山もりの煮干しにかじりつくのが我が家の定番だったので、今までバレンタインというイベントに触れることがあまりなかったように思えます。
今、「それはお前がモテないだけだろ」と言った人、怒らないので後で職員室に来てください。

正直、僕としては2月14日にバレンタインの話題を出した時点で、負けだと思うんです。
現時点で全国の婦女子の皆さまからチョコレートを貰える見込みが一つも無いので、正直なところバレンタインという単語すら、書き込みたくないし、耳にしたくないんです。
そりゃー、彼女がいたり女友達がいたりする全国のリアルが充実してる方々にとっては、一年に一度の恋人の祭典、なんていってバカ騒ぎしたり胸をときめかせたりもできるでしょうけども、僕はその点彼女はもちろん女友達もいないし、日中に外に出ることすらままならない状態のひきこもり系男子なのでね。
わざわざ石川の片田舎まで僕のために足を運んでくれる女性なんて、僕のカーチャン以外にいないでしょうから、「もしかしたら俺にも…」なんて淡い希望を抱くことすら僕には許されていないわけなのですよ。

だから僕、考えました。中卒の腐りきった脳をフル活用して、考えました。
童貞及び対人恐怖症、しかもひきこもりの僕がバレンタイン気分を味わうにはどうすれば。
そこで、考えに考えた結果、ある作戦を実行するに至った次第である。
親愛なる童貞諸君。
今からでも間に合う。すぐさま、最寄りのコンビニに走り、チョコレートを買いに行くのです。
お金が無い方は、20円で売ってるチロルチョコで良いです。今すぐ買いに行きましょう。
自分へのご褒美ってヤツです。でも、できれば一番安くて小さなチョコを買いましょう。お金があっても、チロルチョコを買いましょう。
買ったチョコをなるべく包装が破れないよう、丁寧に開けましょう。
そして、その包装紙になるべく女の子っぽい字で「好きです」と書きましょう。
「好きです」と書いた紙をチロルチョコに包み直したら、準備オウケイ。
すぐさま、ベッドやトイレ、自分の部屋などのプライベートなスペースに移動し、妄想を開始しましょう。



僕「ねえ、女さん!今日バレンタインだからさ…あの…チョコとか欲しいなー、なんて…」
女「はぁ?何でアンタなんかにチョコなんてあげなきゃいけないの?ちょー気持ち悪いんですけど」
僕「そんな…で、でもそのハート形のチョコは誰に渡すつもりなの?」
女「いやいやいや。これはお前のじゃないから。クラスのアイドルのイケメン君に渡すつもりのだから。…もしかして自分が貰えるとでも思った?」
僕「…っ。そ、そうだよね。あいつはかっこいいし、勉強もできるし…。俺とは大違いだよね…」
女「そ。分かったら、この義理チョコあげるからどっか行ってよ。はーマジキモい」
僕「わ、分かった…また明日」
女「あっ!イケメン君だ!おーい!」
僕「…」

僕「はあ…振られちゃったよ…まあ分かってたけど」
僕「でも、あんなはっきり言わなくてもいいのになあ…」
幼馴染「よっ。どうしたのこてつ君」
僕「何だ幼馴染か…」
幼馴染「何だとは失礼な―。それより、なんか元気無いけどどうしたの?」
僕「ああ…女さんに振られちゃったんだよね…チョコ欲しいって言ったらキモいとか言われるし…完全に嫌われてるよ俺…」
幼馴染「えっ…。こ、こてつ君って女さんのこと好きだったの?」
僕「いや、まあ…女さん可愛いし料理も上手いし…でもあんなに口悪い人だと思わなかったよ」
幼馴染「そ、そうだよね。いきなりキモいとか言う人、こてつ君はキライだよねっそうだよねっ」
僕「お、おう…そうだけど、なんでそんな必死になってんの?」
幼馴染「えっ?い、いや別に私はこてつ君が女さんと付き合ったりしなくて良かったなんて、全然思ってないよ?」
僕「どういう意味だよそれー」
幼馴染「べ、別になんでもないよ…///」
僕「変なヤツだなー」

幼馴染「そ、そうだ。今日バレンタインだから…はいっ。チョコレートあげるっ」
僕「ホントに!?…ってお前も義理チョコかよ…」
幼馴染「あ、当たり前じゃん。そんな…私は別にこてつ君のこと何とも思ってないしっ」
僕「まあチロルチョコおいしいからいいけど」
幼馴染「あっ、今は食べないで、家帰ってから開けてね?」
僕「えーなんで?今食べてもいいじゃんか」
幼馴染「と、とにかくダメなの!いいから今は開けないで?」
僕「分かったよ…」

僕「はー…。家に帰ってきたはいいものの…。結局貰えたのは二つだけかー…」
僕「しかも二つとも義理だし…」
僕「…そういえば、幼馴染が家で開けて、って言ってたのは何だったんだろ」
僕「まさか毒でも入ってんじゃないだろうな…しょうがない、怖いけど開けてみるか」
僕「ん…なんか包装紙に文字が書いてある…なんだろ」

「好きです」

えんだあああああああああああああいやあああああああああああ




こういう妄想、どうでしょう。

まとめ!
女さんに蔑まれたことを思いだしながら果てるのも、また乙なもの。
スポンサーサイト
ゲームやアニメが子供に悪影響を与える、という大人たちの意見はあながち間違いでも無いと思います。
なぜなら、自分がまさにそのゲーム、アニメによって人格を形成されてきたからです。

思えば、初恋の相手はペーパーマリオRPGのクリスチーヌたんでした。
あの頃はよく、突如として現れ、マリオにキスをして去っていくチュチュリーナに嫉妬するクリスチーヌたんや、ゲッソーのヌルヌルを気持ち悪いと言っているクリスチーヌたんで、興奮していました。

宿屋に入って体力を回復しなければいけないときにはその都度その都度仲間のキャラをクリスチーヌたんに変え、赤いヒゲの配管工に自己を投影し、クリスチーヌたんと一緒のベッドに入って、クリスチーヌたんのクリスチーヌを僕のスーパーキノコでずつきする妄想をよくしていました。

物語が進み、仲間キャラのレベルも上がっていくと、クリスチーヌたんは新しい技「おうえんキッス」を覚えました。
「マリオの行動回数が一回増える」という意味深な効果があり、何だか子供ながらにエロい技だな、と思った記憶があります。(『行動』を色んなエッチな言葉に置き換えると楽しいよ!)
それ以来僕は、FP(フラワーポイント)が溜まるたびに、クリスチーヌたんにキスをさせました。
キスはしてくれるわ、行動回数は上がるわ、良いとこづくめです。

ゲームを進めるうちに、もしかしてクリスチーヌたんは、僕、もといマリオに気があるんじゃないか?と思い始めました。
少なくともイヤイヤでは無くキスをしてくれるくらいの仲なんだから、これはもう俗に言う「恋人の関係」と言っても良いんじゃないか?と。
しかし、待てども待てども僕、もといマリオはそれらしい行動を示しません。
これは僕の自主性が試されているんだな!と思い、どこかに「告白」のコマンドが無いか、必死に説明書と攻略本を漁りましたが、どうやらこのゲーム、アクションRPGだったようです。
クリスチーヌたんの可愛さですっかり忘れていましたが、アクションでした。

そんなバカな。こんなにクリスチーヌたんは可愛いのに。
そういえば、何だかんだ言いながらもペーパークラフトのドラゴンを倒したり、闘技場でチャンピオンになったり、船に乗って無人島へ行ったり、色んな冒険をしてた気がする。
いや、そんなはずは無い。僕の記憶にあるのは、クリスチーヌたんが可愛い、ということと、ピーチ姫のシャワーシーンが凄くエッチいということだけだ。
あれ…?僕は何のためにこのゲームをやっていたんだ…?
全てはクリスチーヌたんのために…なのにどうして…。
僕は絶望しました。

とまあこんな具合に、ゲームが人に与える影響というものは、割と洒落にならない場合もあるっていうことです。
ちなみに、僕が初めてこのゲームをプレイしたのが、小学四年生くらいの頃ですかね。
もちろんその当時からクリスチーヌたんのことを可愛いと思っていましたし、事あるごとにクリスチーヌたんで興奮していました。
当時はまだ、正しい自慰の方法が分かっていなかった(今でも正しい自慰ができているかどうかは自信が無いですが)ため、股間にコントローラーを装着し、その振動で快感を得ていました。
16インチのテレビ画面で、わが愛しのクリスチーヌたんが喋るたびに股間のコントローラーが振動するというのは当時の僕には刺激が強すぎたかもしれません。

そんな歪んだ自慰をしていたせいなのかは分かりませんが、今では成人向けの商品でも何でもない、普通の動物をモチーフにした抱き枕に欲情する毎日です。
HENTAIも、一周回ると自分でもよく分からない方向に進んでいくもので、もうこの抱き枕との付き合いも二年近くになります。
自分が今愛している抱き枕は、進んでいる道は、果たして本来僕が進むべき道だったのでしょうか。
本来僕が愛するべき抱き枕だったのでしょうか。
それは誰にも分かりません。

しかし、これだけは言えます。
僕が歩いてきた道は、愛してきたものは、間違いでは無かったと。
誰にどう言われようと、この気持ちだけは変わりません。
抱き枕こそ、私の永遠のパートナーであり、希望であると。
そして、ペーパーマリオRPGは、後世に残していくべき神ゲーであると。

これにて、私の演説を終わらせていただきます。
ご清聴、ありがとうございました。(飛び交う生卵)
どうも、歩く人類こと、こてつです。
無個性をかっこよく言うとこうなります。

で、ロリ巨乳って言うんですか?アレはもう何なんですかね。
前の記事のコメントでもちらっと言ってたんですが、僕はあんまり魅力が分かんないです。
童顔巨乳みたいのならまだ分かりますよ?あくまでも「まだ」分かるってだけですが。
なんていうかこう、見た目は子供、体は大人、みたいなアンバランスさがそそる的なヤツでしょ?
でもそれはあくまで、童顔の18歳とか、童顔の21歳ってだけで、ホントのロリでは無いじゃないですか。
いわゆる、僕がこよなく愛してるような、小学校中学年とか高学年の、そこらへんの年では無いじゃないですか。

だからこう、何というか、それは流石にアンバランス過ぎない?って思うんですよね。
どの辺までをロリ巨乳というかは僕には分からないんですけども、一般的に巨乳って呼ばれてるのは大体EカップとかFカップとかそこらへんだと思うんですよ。
バストで言うと、アレですよ。アレくらいですよ。ええっと。
とにかくおっきいですよ。そうですよ童貞ですよ。
その、おっきいバストを、ロリの体にくっつけたのが「ロリ巨乳」っていうジャンルになると思うんですけど、それは流石に無理があるんじゃない?って。
そこまで行くと、流石にファンタジーじゃない?って。

人それぞれ、自分に合った体型っていうのがあると思うんですよ。
若い女性とかは執拗に太っている自分から脱却することにこだわったりしがちですけど、生活することに支障がなければ少しくらい太ってようが痩せてようが別にどうだっていいんですよ。
大事なのは、今の体型を維持することだって、昔のテレビが言ってた。
それが一番健康的だって、言ってた気がする。そんな気がする。
なんかもう自分で自分の言いたいことが分かんなくなってきましたが、とにかく僕には分かんないジャンルだってことは明らかです。

どういう層に需要があるんだろう。普通のロリコンは普通のロリで普通に満足だろうけど、ロリ巨乳となるとね。
やっぱり、巨乳好きの中でもロリコン気味な方が「これいい!これが一番いい!」みたいな感じで好きになるんでしょうか。
それとも、トンカツとカレーを合わせたら、めちゃくちゃうまいんじゃね?っていう、夢のコラボレーション的なアレでしょうか。
だとしたら、ロリコンにも巨乳好きにもあんまり受け入れられてないのはどういうことでしょうか。やはりこれはロリか巨乳のどちらかのジャンルから派生したものだと思わざるを得ない。

じゃあもうアレですか?ロリは好きだけど、おっぱいも揉みたい、みたいな。
ロリのその、凄い純粋な感じとか無垢な感じは大好きだけど、やっぱおっぱいも揉みたいよね、的な?
だとしたら分かんないっす。自分分かんないっすわ―その気持ちー。
ロリは貧乳でナンボみたいなとこあるじゃないっすかー。貧乳愛でてナンボっすよー。
それをちょっ…巨乳ってちょっ…巨にゅ…ちょっ、先輩マジ勘弁っすわー。
いや、ね?気持ちは分かんなくも無いっすよ?可愛い上におっぱいまで付いてるなんて、夢みたいっていうのは分かりますよ?
でも違うんす。僕、ロリコンではあるけど、巨乳はNGなんすわー。
ロリコンであるがゆえに、って言ってもいいです。
発育が良いくらいのアレは大好物ですけど、巨乳となると勘弁っすわー。

ああ、そうか。書いてて思った。
今やっと、気付いたよ。
巨乳が好きなロリコンもいるんだね。
今まで僕、勘違いしてたよ。
ロリと言えば、貧乳だって。
でも、僕が思ってたことは、少し違ったみたい。
ロリコンだけど、巨乳も好きな人も結構いるんだね。
逆もまた然りだね。巨乳好きだけど、ロリコンっていうね。
でもそういうの、僕はちょっぴり邪道だと思うな。
気持ちは分からなくもないけど、ちょっぴり邪道かな。
まあ、正直、可愛ければ何でもいいんだけどね。
それを言っちゃあおしまいだよ、って自分でも承知で言うけどね。
僕はそういうの、あんまり可愛いと思わないってだけでね。
というわけで。

まとめ!
可愛いは正義。
いやー、時間経ったね―。
何だかんだ、経つもんだね。
こっちの都合とか全く無視で過ぎていきますから。
こっちが何してようと、全然関係ない。関係無く過ぎてく。
こっちが、もっと時間くださいよ!とか言ってるそばから過ぎてっちゃうもん。
待つ時間さえ与えない、この感じね。
鬼畜だねー、時間。見た目によらず、ドSだねー。

いや、結局何が言いたいかって、寒いよ。
急に寒いよ。
お前がこれから寒くしていく予定です、みたいな連絡全然届いてないよ。
時間が経てば、それに従って、季節なんかも巡ったりしていくのは、自然界の必然なのは承知の上だけど、それでもなんかこう、今年は急すぎないですか?何もかも。
暑くなったり寒くなったりの差が、激しくないですか?それもすげえ急に。
急に梅雨が明けたり急に猛暑日になったり、急まみれじゃないですか。
急だらけの大運動会じゃないですか。

かと思えば、急に半袖さんはお断りですみたいな空気、および気温になりやがってね。
「今年の夏は、長くなりそうですね~」とか夕方のニュースで言われて、ちょっと気持ちが浮かれてた半袖の気持ちも考えろよって。
「まだまだ俺も現役だな…」とか思ってた矢先に、急に長袖に、「あ、すいません半袖さん。もうあなたの役目は終わったんで」とか言われた半袖の気持ちも考えてやれよって。
いきなりの解雇宣言に「え…ちょっと…」みたいになった半袖の立場はどうなるんだよ。

で、半袖さんの今後は激しくどうでもいいんですけど、やっぱりこんだけ寒くなってくると、寒さで震える女子小学生とかもいっぱい発生してくるわけじゃないですか。
僕、そういう女子小学生を人肌で温めてあげるよフヒヒみたいな仕事を作ったら凄い儲かるんじゃないかな、って思って。
寒さに震える少女を一時間抱きしめてあげて、一万円。
もちろん僕たちが貰う方で。どうですか?

あっ、過度のお触りは禁止ですよ。少女たちを怖がらせちゃったら元も子も無いですから。
需要に対して供給が多すぎるような気がしないでもないですが、そこらへんは犯罪捜査の一環と考えれば問題ない。
面接に来たロリコン達を片っ端から捕まえていけば、町の治安も良くなるし、僕自身もライバルのロリコンの目を気にすることなく、下校途中の小学生達を心おきなく視姦できるってもんです。
めでたしめでたし。
最近はもう、ただ単に妹欲しいとかじゃなくて、抱き枕みたいな妹欲しいなーとか思うようになりました。
なんかもう、本来の目的というか、ソレからどんどん脱線しちゃってますよね。
最初は僕、妹が欲しくて欲しくてしょうがなくて、可愛がる対象が欲しくて、その代わりとして、抱き枕を買ったんだと思うんですけど、もう、僕の中の優先順位というか、立場が逆転しちゃってて。
いや、ホントのこと言うと、アホみたいに優劣つけ難いというか、これから一生抱き枕に触れないのと、一生妹関連のアニメとか見れないの、どっちを選ぶかって聞かれたら、「そんなの…選べるわけねえだろ…!!」みたいなことを叫びながら、感情を爆発させるんじゃないかなってくらい、どっちも好きなんですよ。
だからこう、抱き枕みたいな妹が僕にいたら、もうそれはそれは最高の一言に尽きるなあ、というね。
そういう話。うん。

いやー、それはそうと、フォーゼ。始まりましたね、フォーゼ。
なんというか、良かったんじゃないですか?オーズとはまた違ったノリで。
一話だけ見た感じだと、ストーリーとかのアレはまだよく分かんないけど、なかなかだったんじゃないですかね。
学園パートに関しては、ちょいと好みが分かれそうな感じですが、個性が強そうなキャラクターばかりなので、これからに期待。
あと、個人的にはアンガールズの田中さんがいい味出してるなあ、と思った。なんというか、割と自然に馴染んでるというか、これはハマり役だな、と。
しかし、戦闘シーンのかっこよさは何ですかアレ。正直戦闘シーンだけでお腹いっぱいというか、これは毎回あんな感じのCGでいくよってことでOKなんですかね。
各スイッチの組み合わせで、色んなアクションが出来そうですね。そういうの僕は大好きなんで、どんどんやってほしいです。

というわけで、病院行ってきます。
よし!今日も特にこれと言ったオチは無いぞ!
今まで来てくれた人の数。
僕のこと。

こてつ  

Author:こてつ  
ポリエステル100%の妹が二人います。

別に僕は順位とか気にしてない。
[ジャンルランキング]
日記
71536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
574位
アクセスランキングを見る>>
便利かもしれない。
結婚を前提にお付き合いしてくれる方だけ。
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。